【UNISON SQUARE GARDEN】一歩踏み出した者が勝者

音楽

【見ていただきたい人】 劣等感の塊のような人

【得られるもの】 一歩踏み出す勇気

こんにちは、きつ栗です。

今日はユニゾンスクエアガーデンの2曲目の紹介。

サンポサキマイライフ

半透明の矢印で準備オーケー よく見てるから見失わないんだ

どうせなら森羅万象サンプリングしてみたい 

イメージを起こせよ、ほら、今! 単純だよ、こんぐらい

くだらない? それなら笑ってよ いやじゃない? ならばついて来てよ

揺るがない、それだけはどうにも揺るがないんだよ

全知全能神様も知ったもんか つける足あとが最良のアンサー

愚かなこの世の不条理に言わせたい ぎゃふんと言わせたい

バカだな、もう引き下がってはいられない、

ウズウズしちゃうんだよ 欲望、現実が入り混じる

三歩先をエスコート 心配ない、大丈夫さ

出典:田淵智也『サンポサキマイライフ』

以下、ソーロの独断と偏見の感想↓

1に準備。2に確認。3に現実直視。

小さなころに見たかっこいいヒーローにはなれなかったし、

家では踊ったりするのに、自分を出し切れなかった学生時代。

友達が、泥団子 → 鬼ごっこ → 勉強 → スポーツ → 仕事

「遊び」から「協力・競争」にレベルが上がるにつれて、

比較から劣等感や敗北感は増すばかり。

自分と同じ年の人が五輪で金メダルとったり、有名大学に入ったり。

関わり合う人が増えたら増えただけ、気持ちを削られることも多くなる。

それでも動き出すことの大切さ。

そして動き出したっていいんだと肯定してくれる、そんな曲。

私のブログやプログラミングもそう。

今さらとか、どうせとか思ってしまっている自分もいる。

日々何かを続けることの難しさを感じるし、このブログもあと1年は誰も見ないと思われる。

でもそれでいいんです。誰も見なくても続けてみよう。

一歩踏み出せば全知全能神様も関係ない。

いつだってそう、日々生きた足跡が最良のアンサー。

是非聞いてみてください。個人的に斎藤さんの声が他の曲よりかっこよく聞こえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました